木造 耐久年数

軽量鉄骨というのは最近の不動産業界では常識となりつつ新しい施工方法でもあるのですが、そんな軽量鉄骨出現以前に不動産業界で長らく投入されていた技術。
それは木造ですね。
そもそも木造の住宅というのは鉄筋ですとか、コンクリートが登場する以前からのものですので、非常に歴史のある技術でもあるのですが、その特徴を比較した時、やはり木造よりも軽量鉄骨の方が殆ど全ての面で優れているという事が言えるのではないでしょうか。
その一つに耐久年数が上げられます。
耐久年数というのはその名の通り、どれだけ持つのかという事でもありますが、その耐久年数は木造ですと30年前後と言われています。
もちろん、利用状況にもよりますし、木材にもよりますが、木造ですと木が腐敗してしまったりという事が挙げられるのですね。
それに対し、軽量鉄骨は腐敗しません。

水などにも強いですから、その耐久年数というのは木造の比較ではないのです。
そうした特徴は、施工業者だけではなく、消費者にとっても非常にありがたい話ですよね。
耐久年数が長いという事は、それだけ安心して住む事が出来ますし、リフォームの手間なんかも掛からないですから、コストの面でも優れているのです。
それが軽量鉄骨の特徴でもあります。

ピックアップ記事

pixta_16761705_M

2015.11.4

引越しのダンボール

普段はあまり役に立たないものの、引越しの際にその存在感を大いに発揮するものがあります。それはダンボールです。ダンボールは引越しの必需品とも言…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る