樹木について

庭に樹木がある家庭を理想とする人も多いようです。しかし樹木はただ植えれば育つというものではなく、日々のメンテナンスと同様に最初の外構工事が重要です。樹木の外構工事に際しては、どんな種類の樹木を植えるかを考えます。大木を選ぶのか垣根のような低木を選ぶのか、さらに植える場所によっても費用の目安は異なります。基本的に樹木の外構工事の費用目安は、樹木代プラス人件費、作業代です。おおよその目安として作業者1人当たり2?3万円と考えると良いでしょう。樹木の外構工事は通常1日作業ですが、庭の状態やその他にブロックやレンガなどで囲いを造る、芝生を張るなどの作業が加わると日数も費用も増加しますので、自分の理想と費用面の現実を総合して考えることが大切です。また場所によっては樹木の運送料が別途必要になるケースもありますので見積に際してはご注意ください。ちなみに樹高2メートル程度の幼木の費用目安はアカマツ10万円、クロマツ7万円、ウメ3万円などです。一方でツツジなどの低木の場合には、50センチ程度の苗木は数千円程度が目安であり、こちらは業者に外構工事を依頼するまでもなく、家庭菜園、ガーデニングの知識や技能があれば問題なく植えることができるでしょう。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る