炊飯器で生活費を節約

imasia_11162419_M

1人暮らしに限りませんが、生活費を節約する一番の方法は食費を工夫することです。
1人暮らしは気ままなので外食やコンビニ弁当が多くなりがちですが、1食500円とすると1日1500円、1カ月換算では45000円!これでは炊飯器が買えてしまいます。
もちろん1人暮らしであれば、1人分を作るのが面倒!逆に不経済?と考えるでしょうが、昨今では高齢者の1人暮らしも増えており、スーパーでは惣菜の小分けパックが売られていたり、家電量販店でも1人暮らしにあった炊飯器、1合や3号用の炊飯器などがあります。
生活の基本は食べることにあり、便利になったとはいえ、自宅で朝食をとる!これが毎日のリズムを整え、健康を保つためには重要です。
なお昨今の節電ブームでは、炊飯器で保温しておくよりも、余ったご飯を冷凍しておき、食べる際にレンジで暖める!こちらの方が電気代はお得?という話もあるので、1人暮らしの間に様々な生活術を身に付けておくと、所帯を持った時に破綻の危機を免れることができるでしょう。
ちなみに炊飯器は白ご飯を炊くだけの機械ではなく、炊き込みご飯は当然として簡単なおかずを作ることも可能なので、是非とも揃えておきたい電気製品のひとつです。

ピックアップ記事

ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s

2016.5.4

GWは家でゴロゴロしながら家の事を考えよう!

ゴールデンウィークも残り少なくなり、相も変わらず家でゴロゴロ! こんな事でいいのだろうか?っとお思いの方もおられるかと思いますが、それでいい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る