病院に導入

実は、業務用エコキュートの導入がきわめて多いのは、病院です。
病院は、エコキュートの導入だけでなく、あわせてオール電化がすすめられているケースも多くあります。
病院では、電気の確保は生命に関わる重大な問題ですから、電力不安の大きくなってきたここ一年は、さらに動きに拍車がかかっています。
もっとも、それよりずっと以前から電力の確保は計画されていて、ほとんどの大きな美容院で非常時の自家発電システムが備えられているものですが。
◆電気の効率使用と安全性が病院に必要病院でエコキュートが多く導入されているのには、電気の効率的な使用に加え、その安全性が背景にあります。
エコキュートは、非常に少ない電力でお湯を作ることができるだけでなく、可燃性ガスを使用しないことから、万が一の故障の際にも安全であることが高い評価を受けています。
病院は簡単に避難することもできませんから、安全性はとても重要な課題なのです。
オール電化の病院では、夜間使用もできるよう、蓄電システムの導入も多く検討されています。
今後、災害対策のモデル施設として、病院がクローズアップされる可能性も大いにありますね。

ピックアップ記事

DIY

2015.12.17

DIYで気を付けるべき3つのポイント

電動工具メーカー「ブラック・アンド・デッカー」が12月9日に発表したデータによると、およそ3年前に行った調査に比べて女性のDIY実践層が14…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る