登記は関係あるのか

軽量鉄骨は登記上、「鉄構造」と「軽量鉄骨造」とで分類されていますので、実はしっかりと意識しておかなければならない点だったりするのです。
鉄構造と軽量鉄骨造は微妙に異なるものですが、便宜上「軽量鉄骨」と謳っているケースもあるのです。
登記は生活そのものに直接関係あるものではありませんが、物件を選ぶ場合や、調査士に調べてもらう時など、いろいろと必要になってくるシチュエーションもあるのです。
そのような時もありますので、登記も意識しなければならないシチュエーションが出てくるはずです。
もちろん登記が生活に支障をきたす物かと言えば、それはまったくの別物だと言い切れるのですが、一方ではどうしてもいろいろな面を考慮しなければならないのも事実です。
特に近年は軽量鉄骨が増えています。
強度があり、それでいてデザインも自由なら、工期も短い。従来の木造建築に比べて長所が多々ありますので、軽量鉄骨のニーズはとても高いものとなっているのです。
その点を踏まえた上で、軽量鉄骨が登記上どのようなものとなっているのかもチェックしておくべきなのかもしれません。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る