省エネ大賞の経済産業大臣賞

毎年、財団法人省エネルギーセンター主催、経済産業省後援で、「省エネ大賞」なるものが発表されています。
省エネ大賞には、
★省エネ事例部門
★製品・ビジネスモデル部門
の2部門があり、中でも最高賞とされる「経済産業大臣賞」以下たくさんの賞が設けられています。
近年人気を集めている「エコキュート※」は、平成13年度省エネ大賞において、経済産業大臣賞を受賞している省エネ機器のひとつ。
なんと、コロナが世界で初めて発売したその年に、複数のメーカーからエコキュートが発売され、即、平成13年度分(平成14年)受賞という快挙でした。
受賞したのは、デンソー、コロナ、三菱電機、積水化学工業、四変テック、キューヘン、日立空調システム、東京電力、電力中央研究所の各エコキュートです。
経済産業大臣賞受賞から、早十余年。
エコキュートは、各社の研究により、もっとエコに。
私たちが省エネ商品を選ぶことで、地球にやさしい生活が送れるなんて、素敵ですね。
※本来は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といい、エコキュートは関西電力の登録商標だが、現在は広く自然冷媒ヒートポンプ給湯機の愛称として「エコキュート」が用いられている。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る