競売された住宅を安価で買う

景気の良い時に住宅ローンを組むと?
思わぬ落とし穴!
不景気になってボーナス減額?
ボーナス払いができない!
預金を切り崩す?
家計は火の車!
消費者金融に手を出す?
しかし一度借りてしまえば辞められない!
どんどん借金地獄に陥る。
闇金へ行く前に?
人間諦めが肝心です。
この段階なら?
まだやり直せます。
せっかくのマイホームですが、手放しましょう。

とはいえ簡単に住宅は売れない?
そこで行われるのが競売です。
競売であれば、安く買い叩かれる?
揶揄されますが、とりあえず売って現金にすることができる!
ただしそのお金は住宅ローンを提供している金融機関にほとんど持っていかれる?

悲惨な状況がある一方?
競売物件であれば不動産屋が安価で入手しているため、安く売れる?
競売された住宅は、新たな住民が割安で入居できるメリットもあります。

もちろん競売住宅はデメリットもある?
元の住民が何故売却せざるをえなかったか?
安い理由?
十分なメンテナンスが施されていない可能性もあります。
見えるところだけ修繕している?
そこで生活している間に、おかしい?
気付くこともあるでしょう。
瑕疵があれば早めに訴えるべきです。
競売住宅だから?
引け目を感じるべきではありません。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る