耐火構造について

一般の人が抱く金属に対するイメージは強い、燃えない?ということでしょうが、建物に当てはめて考えるならば、思い込みは厳禁です。
もちろん軽量鉄骨などの金属材は炎を上げて燃えることはありませんが、炎はあくまでも気体反応の結果であり、金属は熱によって溶ける!という反応を示します。
つまり軽量鉄骨などで建物を作る際には、圧力による耐久性のみならず耐火構造についても吟味すべきでしょう。
ちなみに耐火構造、耐火建築物などの用語が使われますが、早い話、一定時間燃えない構造になっている、燃えにくい材質を使用しているということです。
言い換えると紙のように火が点いて直ぐに燃え尽きてしまうのではなく、人間が発火に気付き、逃げ延びるまでの時間が保証される仕組みであるケースを耐火構造と呼んでいます。
なお耐火構造や軽量鉄骨の詳細は建築基準法に示されていますが、実際に自宅や事務所を建てる場合には、業者に適宜耐火構造に関して確認しておきたいものです。
一方で軽量鉄骨などの鋼材は、火が点きにくいという利点がある反面で熱に弱く、軽量鉄骨のみならず鋼材は一定時間が経過すると熱で曲がって潰れやすいというデメリットがあるので注意しましょう。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る