蓄電池の使い方如何で節電に

電気は買う?
今は作る時代です。
太陽光パネルを備えた住宅も珍しくなくなりました。
昨今は蓄電池もある!
車を蓄電池代わりにするパターンもあります。

そもそも電気は貯められない!
これが大きな難題でした。
しかしバッテリは?
つまりお金をかければ蓄えられた!
費用対効果?
近年の急速な技術革新によって、一般住宅でも蓄電池として扱えるようになったのです。
言い換えれば10年後の住宅は?
防災の意味からも蓄電池が当たり前!
かもしれません。

家の中を見回すと?
電気製品だらけ!
停電が起きたら?
背筋が凍ります。
それでも大地震などの自然災害は日常茶飯事になりつつある!
ならば用心に越したことはないでしょう。

蓄電池が住宅に普及してきた?
であってもまだまだ高い!
本格的な蓄電池なら100万円は下らない?
万が一?
保険と同じことです。

ただし使い方次第です。
車だって100万円以上する!
毎日使えば?
メリットは多い!
蓄電池も同じことです。
蓄電池の使い方如何で節電にもつながる?
蓄電池をきっかけにして電気の使い方を考えるようになる!

住宅は家族の安心と安全を確保する場所です。
国や自治体に頼り過ぎない!
一週間は孤立しても耐えられるような準備をしておきたいものです。

ピックアップ記事

pixta_7026502_M

2016.2.19

今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!

以前金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!で書いた金利マイナスの時代が、ついに始動しました。となると、いよいよ住宅ローンを組…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る