衣服収納について

imasia_7324186_M

友達や親も入れないような完全な1人暮らし。
そうであれば誰に文句を言われることもないので、自分の使いやすいように室内を工夫したいものです。
そんな1人暮らしで問題になるのが衣服収納です。
1人暮らし用のアパートは押入れなどの収納範囲に限りがある一方で、特に女性の1人暮らしは衣類が案外多くなりがちです。
そのためついついその場に脱ぎ捨てて、1人暮らしの安心感から?
気付いてみたら衣服が散乱している!ことになるようです。女性は几帳面と思われやすい反面、意外にも片付けられない!人が少なくありませんが、そんな際には意識して衣服収納に拘ってみましょう。
日曜大工とまではいかなくても、昨今では100円ショップで便利な衣服収納グッズが売られています。
なおたたみ方を変えるだけでも衣服収納スペースが節約できますし、押入れやクローゼットなど、縦長の空間は中間部分が無駄になるので、1メートル程度の棚やカラーボックスなどを購入して、下着や小物類をそこにしまうと有効利用ができます。
ちなみに衣類収納のポイントは、積み重ねる!ではなく立ててしまうことです。
引き出しを開けて直ぐに判別できるし、下から取る作業は億劫になりがちです。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る