表札について

家の外構工事として見落としがちですが、家の顔であり必要不可欠なものに表札があります。表札はもちろん簡易なプラスチック製、ポストと一体化したタイプ、板に名前を印刷した程度のものから、彫り物、さらに塀などに埋め込んだケースなど様々であり、塀や門扉の外構工事の一環として依頼すべきもののひとつです。そのため外構工事として考えると、材料費以外は費用の目安として考えなくても良いかもしれません。しかし風水や縁起などに拘る方は、たかが表札!と侮らず、真剣に費用の目安を考えた方がよいでしょう。家の問題は後悔しないようにすることが大切です。表札自体はホームセンターなどでも購入できますし、費用の目安として5000円程度から考えるとよいでしょうが、当然上限はありません。大理石にしたり一流の彫師に作ってもらうこともあるようです。ただし表札を別途購入した場合には、取り付け費用が割高になるケースもあるので、できることならば門扉の外構工事などと同時に依頼した方が費用の目安としては考えやすいのではないでしょうか?

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る