請負契約書のチェック注意点

100円ショップで買った商品について?
不良品!
訴えるでしょうか?
100円だから壊れても仕方ないね!
そんなものです。
では100万円なら?

住宅購入や新築に際して請負契約書を作りますが、その請負契約書を詳しくチェックしましたか?
後々困らないように?
面倒であっても必ず住宅の請負契約書をチェックしましょう。

とはいえ素人にはチェックするポイントがわからない?
当然です。
住宅を何回も買う人は稀です。
住宅請負契約書に慣れる?
不動産屋になれる!
ならば初心者が見落としやすい注意点とは?

そもそも請負業者が信頼できるのか?
誰かの紹介?
これがベストでしょう。
可能なら紹介者の住宅をチェックする!
そして経験者から注意点を聞き出しましょう。

例えば契約を急ぐ営業マンは注意!
裏がありそうです。
クーリングオフ制度もありますが、日本社会は、原則として判子を押したら終わり!
住宅の請負契約書は、たかが紙切れ!
しかしこの紙切れで数千万円が動く?
怖い紙切れです。
注意しすぎることはありません。

言い換えると請負契約書は施工業者にも作業を強いるものです。
約束を履行しなければ訴訟の材料になる!
注意して保管し、施工段階ごとに細かくチェックしていきましょう。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る