転居と転出の手続き

引越しの際に行う手続きの中で基本的な手続きと言えば転居、そして転出の手続きでしょうね。
同一区、あるいは同一市内なんかであれば転出届けは要りませんが市外、県外への転居の場合はそうした手続きをしっかりと行なわなければありません。
もちろん、それは区役所などの行政機関にて行わなければなりません。
そうした手続きを行わないと、行政の機能はもちろん、例えば住民票と取りたいと思っても自分の住んでいる住所とは違った住民票しか取得出来ないなんて事になってしまいますので、転居、そして転出の手続きはしっかりと行なっておくべきでしょうね。

こうした手続きを怠ったがために行政の発行する住民票や戸籍に信憑性を与えられないなんて事になりかねませんので、引越しをする際、これらは義務だと思ってしっかりと手続きを行いましょう。
行政としても住民へのサービスというのは仕事の一つです。
しかし、引越しをした事を把握するのは無理ですよね。
ですので、引越しをしたら、必ず転出、そして転居の手続きを行いましょう。
行政の問題はもちろんですが、その手続きを行なう事で、自分自身も引越したという事を自覚する事が出来るでしょうし、新しい住所に慣れるための一環にもなりますから。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る