軽量鉄骨ならそれなりの屋上

自宅に屋上を作りたい?
洗濯物を干す!
日光浴をしたい!
天体観測ができる!
このように屋上があれば、夢はどんどん膨らみます。
しかし一般的な建築方法で屋上ができるのでしょうか?
そこで考えたいのが軽量鉄骨の利用です。
軽量鉄骨を用いた住宅であれば、強度もそれなりなので、屋上が楽しめます。
ただし軽量鉄骨にすると費用が嵩むのは否めないので、こちらもそれなりに覚悟しましょう。

なお軽量鉄骨で頑丈な屋上に仕上がった!としても、屋上に置くものにはそれなりの制限があります。
何気なく植木や物干し台、テーブルなど備えがちですが、屋上の耐久性?
土や水はそれなりの重さがあることを忘れないようにしましょう。

一方軽量鉄骨に限りませんが、屋上からの落下防止策!
特に小さい子どもがいる家庭なら、それなりに装備すべきです。
屋上屋を架す?
揶揄されても、安全に絶対はありません。

ちなみに軽量鉄骨は、一度骨組みを決めるとリフォームなどで改造しづらい?
デメリットがあります。
つまり鉄骨を切断することは難しいし、只でさえ少ない柱を減らすと強度が下がるためです。
したがって将来的な家族構成も考慮しつつ、設計段階で融通の利く形にしておくことが大切です。

ピックアップ記事

315181

2016.4.19

住むならここ! 震度5以上の地震の少ない都道府県はどこ?

同じ住むなら、やっぱり地震の少ないところがいい! 先週発生した熊本地震を見て、改めて、そう思われた方は少なくない事でしょう。 されど、地震…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る