軽量鉄骨の家は夏暑く冬寒い

Red and blue thermometers on white backgrond, vector eps10 illustration

マンションなども含めて鉄骨造りは寒い?とのイメージがあるものです。
実際に金属の方が木材より熱を吸収しやすく、かつ逃がしやすい性質を持つため、夏は暑く、冬に寒い?最悪のパターンと考えられています。
軽量鉄骨だから軽くて頑丈!と安心したつもりでも、軽量鉄骨で家を建てた場合には、別途光熱費の問題が深刻になるようです。

なお軽量鉄骨は寒い?
ならば、別の部分で熱を蓄えやすい構造にすると良いでしょう。
例えばフローリングも寒いので、畳の和室にしたりじゅうたんを敷く、軽量鉄骨自体を暖める方法も試してみましょう。
時に遠赤外線を用いた暖房器具は即暖性で劣りますが、室内の空気ではなく壁材や家具などをじわじわと温めていくので、軽量鉄骨の住宅には適しているかもしれません。

ちなみに暖かい空気は上に溜まり、冷たい空気は下に沈む!
この原理を応用して暖房を調整することも案外馬鹿になりません。
つまり1階の暖房が2階の床を暖める?
床暖房、電気カーペットなどを使ってみるのも寒い時期の対策になるでしょう。
さらに自然の光や熱を活用するために南向きの窓を大きくしてみたり窓材も工夫すると、地域にもよりますが、日中は暖房不要!となるものです。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る