軽量鉄骨住宅に補強は必要か

頑強性を考慮して軽量鉄骨の住宅を建てたが、いずれ来る巨大地震に備えて、補強する必要はあるのでしょうか?
もちろん軽量鉄骨であっても築年数によるでしょう。
一説によると軽量鉄骨よりも木造建築の方が案外頑丈であり、補強工事も簡単?
低額で済むようです。

なお一概に補強とは言いますが、家が建っている地盤が問題です。
昨今は市区町村が詳しいハザードマップを発行しているので、実際に我が家はどの程度の震度に見舞われるのか?
それをまず検討しましょう。
場合によっては単なる補強ではなく、少し大掛かりなリフォームが必要になるかもしれません。
ただし軽量鉄骨のリフォームは意外と大変です。
とはいえ経済的な余裕は無い?
そこで各自治体が補強工事に対して補助金を出す制度が整いつつあるので、一度問い合わせて相談してみましょう。

中には個別住宅への補助は税金の無駄遣い!
持ち家は個人の責任で補強すべし!
との議論もありますが、家が壊れて周辺に迷惑をかけたり、火災が生じたら厄介です。
また軽量鉄骨は瓦礫になった際、素人では片付けが困難です。
そういう意味では、地域ごとで上手く連携し、まとめて補強工事を受けるように工夫すれば、割安で仕上がるようです。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る