鉄筋コンクリートとの違い

時にアパートなどの集合住宅を建てる際に迷うことは、軽量鉄骨を使うか鉄筋コンクリートにするかです。
それぞれメリットとデメリットがありますが、自分が重視したい点から検討することが大切です。
例えば軽量鉄骨と鉄筋コンクリートとの違いは、遮音性、耐震性、耐久性など様々ありますが、集合住宅で一番トラブルが生じやすいのは騒音問題です。
軽量鉄骨は案外音が響きやすいので、この点は鉄筋コンクリートとの違いとして重視すべきでしょう。
また軽量鉄骨は工法によって耐震性に優れますが、鉄筋コンクリートも引っ張りに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートという異なる強さが組み合わされているので、強度に心配はありません。
なお2階建て程度では鉄筋コンクリートとの違いは明確ではありませんが、3階以上になると設計やデザインによって軽量鉄骨では心配なケースもあるようです。
一方で費用面を比較すると、軽量鉄骨の方が安価になるので、アパート経営を考えた場合、鉄筋コンクリートとの違いとしてかなり有利に働くでしょう。
ちなみに軽量鉄骨は全体的に建物が軽くなるので地盤の強さをそれほど問わないとも言われ、この点も鉄筋コンクリートとの違いとして考慮すべき点でしょう。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る