鉄骨造工法について

住宅などの建築方法、いわゆる工法には様々な種類がありますが、近年では一戸建て住宅においても鉄骨を利用した鉄骨造工法が使われることが多いようです。
鉄骨造工法とは建物の柱や梁などの骨組みを鉄骨により組み立てる方式です。
使用する鋼材の種類によって軽量鉄骨と重量鉄骨がありますが、厚さ6ミリ未満の鋼材を軽量鉄骨と呼んでいます。
軽量鉄骨はコスト面のメリットがあることから、昨今多くの住宅やアパート、さらには事務所や工場などの建築に際して利用されています。
鉄骨造工法、特に軽量鉄骨を使用した場合のメリットは、耐震性に優れる、部品が規格化され工場で一括生産できるので品質が統一されている、ボルト締めが作業の中心になるので職人の技能によるバラツキが少ないなどが上げられます。
一方で鉄骨造工法では、シロアリの害を受けないことも大きなメリットであり、防錆加工が充分であれば、耐久性の問題もないとされています。
なお軽量鉄骨を利用した鉄骨造工法では筋交(すじかい)を利用したブレース工法を採用するのが一般的であり、時に部品を組み立てる工法であることから軽量鉄骨を利用した鉄骨造工法をプレハブ工法と呼ぶこともあるようです。

ピックアップ記事

pixta_16761705_M

2015.11.4

引越しのダンボール

普段はあまり役に立たないものの、引越しの際にその存在感を大いに発揮するものがあります。それはダンボールです。ダンボールは引越しの必需品とも言…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る