鉄骨ALC工法について

住宅やビルを建築する際に、強度を保ちつつ軽量化を求める必要に迫られますが、そのようなケースで用いられるのが軽量鉄骨を用いた鉄骨ALC工法です。
ALCとはAutoclavedLightweightaerated Concrete(高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)の略称であり、セメントや生石灰などを主原料にしたコンクリートを高温高圧蒸気釜(オートクレーブ)で養生(コンクリートが固まる時に保護)することで作られます。
ALCは水に浮き軽い一方で強度や耐久性に優れ、さらに加工が容易であることから、高度経済成長期以降、日本の住宅や高層建築などにおいて重用されてきた建築資材です。
特にALCは不燃物質なので、軽量鉄骨を用いた鉄骨ALC工法として利用すると耐火性が期待できます。
もちろん鉄骨ALC工法において厚みのある鋼材から作られる重量鉄骨を利用するケースもありますが、建物全体の重量を軽くする目的から軽量鉄骨が選択される事例も少なくありません。
また土台や主要な柱を重量鉄骨で組み、梁に軽量鉄骨を用いた鉄骨ALC工法もあるようです。
ただし飲食店として利用する場合には、法的規制により軽量鉄骨のみによる鉄骨ALC工法では不十分であるとの指摘があるようです。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る