長屋にお引越し

長屋とは、専用の出入口を持つ、2戸以上の住居が、界壁を境に連続して1棟になっている建物のことで、建築的にはテラスハウスも長屋の一種なのだそう。
一般に長屋といえば、江戸下町に見られるような、昔ながらの横に連なる連続建て住居を指しますね。
連なってはいますが、玄関もみんな別々で、共同のスペースはありませんから、意外とプライバシーも守られています。
◆レトロ感の嬉しい長屋
長屋の最大のメリットは、独特のレトロ感。
昔ながらの佇まいがそのまま残っているので、昭和以前の懐かしい雰囲気を楽しむことができます。
柱や障子、土壁など、温かみのある長屋は、ほっとできるという人がとても多いです。
◆長屋を選ぶ人は柔和な人が多い?
今では減ってしまったご近所付き合いが、長屋にはまだまだ残っているというのも魅力のひとつ。
長屋を選ぶ人って、どこか「古き良き」を求めている人が多いので、自然とご近所さんとも親しくお付き合いのできる人が多く集まるのでしょうね。
もちろん、古い建物ですから、防音や耐震性など、施設設備に難点もあります。
メリットばかりとはいきませんが、ハイテクマンションにはないものがあります。

ピックアップ記事

DIY

2015.12.17

DIYで気を付けるべき3つのポイント

電動工具メーカー「ブラック・アンド・デッカー」が12月9日に発表したデータによると、およそ3年前に行った調査に比べて女性のDIY実践層が14…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る