雨の日は外壁塗装を中止する

Water drop texture, fresh blue theme

天気を人間の力で変えられるのか?
昔から雨乞いの儀式がある!
逆に晴れて欲しい?
1964年の東京オリンピック開会式は成功しました!
しかし次回は如何に?
このように雨が降らないで!
そう願うこともあります。

例えば外壁塗装などの工事です。
霧雨程度であっても?
雨の日は外壁塗装を中止すべきです。
時間がないから雨の日でも外壁塗装を決行する?
短期で終われば家主さんも嬉しいでしょうが、外壁塗装です。
油性塗料であっても?
雨の日は乾きにくい!
結果的に外壁塗装が剥れやすくなる!
長期的に考えてもマイナスです。

可能であれば?
雨の日が1週間きそうもない?
そんな季節を選びたいものです。
太平洋側の地域なら冬に外壁塗装を依頼する!
作業員は寒そうですが、塗装後の乾燥状態も良さそうです。
言い換えれば?
外壁塗装用に足場を組んだけど雨の日が重なれば?
仕事は延期!
それがどんどん続いてしまう?
もちろん台風が近づいていれば?
足場が崩れる危険もある!
時期をずらした方が賢明です。

それほど緊急を要する外壁塗装なのか?
既に雨漏りがあるなら深刻でしょうが、何故そうなるまで放置していた?
応急処置的にビニールシートを被せておく!
ゆとりがあれば安全につながります。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る