震・災保険が割安

賃貸や持ち家、マンションに一戸建て、いずれに限らずとも住宅には保険が不可欠です。
もちろん一切保険に入らない!ギャンブル人生もありますが、住宅ローンを利用する場合には、必然的に保険加入が条件となっています。
穿った見方をすれば、金融機関と保険会社が裏で手を結んでいる?もあるでしょうが、やはり何が起きるかわからないので、長期的に暮らす家であれば最低限火災保険、昨今ならば地震保険も検討しましょう。

ちなみに火災保険の金額も納得しがたいですが、一般的に木造建築より軽量鉄骨の方が保険料は安いとされています。
この理由は、軽量鉄骨の方が火災発生の確率が下がるためです。
また頑丈?という観点からも、軽量鉄骨は地震保険が割安となるようです。
保険は万が一のためですが、だからこそトラブルや天災がなければ無駄!と解されてしまいます。
軽量鉄骨ならよけいに安心感が増し、安価な保険を選びがちですが、それなりの保証は確保しておきましょう。

なお保険料の負担が少ないからリスクも低い?過信してはいけません。
つまり軽量鉄骨は、芯まで熱が届くと案外脆く溶けて、崩れてしまうものなので、軽量鉄骨周りの断熱対策に十分すぎる?ことはありません。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る