非常食について

imasia_11282911_M

一人暮らしは自由な反面、不便であったり心配な時もあります。
例えば災害時には身動きが取れなくなったり、近所付き合いが少なければ情報も入りません。
そんな場合には非常食を備えておくと、とりあえず安心です。
空腹感を覚える時ほど一人暮らしを心細く思い、またイライラすることはありません。
一人暮らしなので大量の非常食は必要ありませんが、まずは水が4リットルくらいあると良いでしょう。
次ぎに電気、ガス、水道などのライフラインが復旧するまでの間でも食べられる非常食として、塩味のみのビスケット類があると重宝します。
非常食の鉄則は味が濃くないことです。
後々喉が渇くと困ります。
もちろん乾パンや缶詰類もOKです。
なおガスが使えればお湯が沸かせるので、カップラーメンや粉末状のスープ類も暖を取るのに役立ちます。
ちなみに非常食は天災時のみならず、一人暮らしで問題となる、風邪などで寝込んだ時にも有効です。
様々な意味で買い物に行けない時には、非常食として準備していたものを優先的に使い、常に新しくしておくことが大切です。
実際に使おうとした際に、賞味期限切れ!とならないように一人暮らしならば特に日付には注意しておきましょう。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る