音について

アパートやマンションなどの集合住宅で問題になるのは近隣の音、つまり騒音でしょう。
一般に木造建築は音が響きやすいと言われる一方で、鉄筋コンクリートは防音性に優れるとされています。
では軽量鉄骨などを使った場合はどうなのでしょうか?単純な比較から考えると軽量鉄骨で作られた建物は木造と同様に音が響くようです。
これは軽量鉄骨の素材である鉄が音を伝えやすいという性質を持つことが大きいようです。
ただし壁や床に厚めの吸音材を使用していたり、フローリングではなく畳などを使用していれば軽量鉄骨であってもかなり緩和されるようです。
しかし騒音と感じるかどうかは人それぞれであり、住んでいる人のモラルや家族構成、そして間取りなどによって大きく影響されます。
例えば騒ぐ子どもがいれば、どうしても音は気になりますが、近隣がほとんど外出していればあまり音は問題になりません。
また間取りとしてリビングが隣接していれば当然話し声やテレビなどの音が伝わりますが、寝室や押入れが隣接している場合はあまり音が気にならないようです。
音を気にする人は、軽量鉄骨の如何に関わらず、一戸建てもしくは楽器可のような防音設備のある物件を選ぶのが賢明なようです。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る