食費節約の基本はスーパー!

imasia_9278389_M

1人暮らしの中で、最も節約しやすいのが食費です。
しかも、食費というのは、きちんと管理すれば、驚くほど掛からないものだという事に気が付かれる事でしょう。
ただし、コンビニ大好きでは、中々抑える事の出来ないものでもあります。

やはり、買い物の基本はスーパーマーケット!
必要な飲食物はほぼ揃う上、コンビニよりも安いのは当たり前中の当たり前です。
例えば、500ミリリットルのペットボトル飲料でも、多くの種類が100円を切る価格で並んでいますから、それらを何本か購入し、職場や学校へ持参して行く事で、自動販売機やコンビニのお世話になる回数が大幅に減り、結構な節約になるのです。

また、1人暮らしをされておられる方の多くは、仕事や授業があって、昼間に買い出しに行けないとおっしゃる方々でしょう。
しかし、それこそが最大のメリット!
近頃は夕方の6時や7時に閉店するスーパーなどめったになく、大抵は早くても8時頃までは開いていますし、10時閉店というところが一般的です。
それどころか、24時間営業の店まで出て来ている位で、時間的にコンビニしか行けないんだというのは言い訳にしかなりません。

ただし、オールナイトのところはコンビニと同じで、それほど安くないという注意点があります。
やはり目指すは閉店時間のあるスーパーの夜間でしょう。
お店が閉まる2時間ほど前になると、生鮮品やお総菜には次々と割引の赤いシールが貼られて行きます。
確かに品数は急激に減りますが、その代わりに、通常は思い切って手を出せないような品が容易に入手出来る事もありますし、何より、お総菜はまとめ買いのチャンスです。
特に揚げ物や焼き物は帰宅後にフリーザーバッグに入れ、冷凍すれば、いつでも電子レンジで温めるだけで食べられ、翌日のお弁当のおかずにも使えますから、非常に重宝です。

因みに、1人暮らしの食費の1ヶ月平均は2万円!
勿論、地域の物価にも多少左右される部分は出て来るかとは思われますが、それでも、大手スーパーやドラッグストアが出しているプライベートブランドは、それほど地域格差はありませんから、それらを活用する事で、その誤差は十分コントロール出来るものと思われます。
という事で、取りあえずこの2万円という金額を目安に頑張ってみられるといいのではないでしょうか。

ピックアップ記事

pixta_8054538_M

2016.3.18

今更ながらではありますが、固定電話は要る? 要らない?

春から新社会人1年生とか、大学1年生という方は、まずは何はともあれ、おめでとうございます。新生活を待望の一人暮らしというスタイルで始められる…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る