骨梁について

建物の骨組みは、地面に対して垂直に立てる柱、そして柱同士を横に組み合わせる梁(はり)が重要です。
中でも大切なのは天井や屋根を支える部分の梁です。
木造建築であれば当然すべて柱も梁も木材が使われますが、昨今では軽量鉄骨を用いた骨組み、すなわち鉄骨梁も珍しくありません。
最近は地震が心配なので強度を高める意味で木造建築であっても鉄骨梁を使いたい?と思う人がいるでしょうが、木枠に鉄骨梁はあまり相性が良いとはいえず、また鉄骨梁の重さに耐えられないケースがあるので、壁や屋根を強化するならば筋交いを工夫した方が賢明でしょう。
ちなみに軽量鉄骨によって作られている建物であれば、一般住宅であっても梁は鉄骨梁になっているはずであり、通常接合部は溶接ではなくボルト締めになりますが、軽量鉄骨による鉄骨梁であってもその構造により耐久性が異なります。
例えば断面としてI型の軽量鉄骨は上下方向の力には耐えられますが、前後および左右の力には相対的に弱くなります。
逆にH型の軽量鉄骨は上下には弱いですが左右には強いことが理論的にも考えられます。
そのためL型やC型などを含めた様々な形状を持った軽量鉄骨が、それぞれの特徴を生かせる部分で適用されます。

ピックアップ記事

pixta_8054538_M

2016.3.18

今更ながらではありますが、固定電話は要る? 要らない?

春から新社会人1年生とか、大学1年生という方は、まずは何はともあれ、おめでとうございます。新生活を待望の一人暮らしというスタイルで始められる…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る