1人暮らしの価値あるレシピ

1人暮らしの料理レシピ、昔はよく、書店の店頭で立ち読みしたり、母親に電話で教えを被ったりしながら、試行錯誤して手頃な材料で手頃な分量を作る事を学んでいったものですが、今は違います。
主婦も学生もOLも、みんなスマホを片手にクッキング!

というのが常識で、実際、“1人暮らし”と“レシピ”というキーワードを武器にインターネットを開けば、様々な情報がわんさかヒットします。
プロが教える本格的な料理教室もあれば、ただの料理オタクが教える趣味講座のようなのもあって、極めつけはこれ、正に経験者は語るというものです。
現役の学生やサラリーマン・OLたちが、自らの日々の食生活をそのまま報告しているようなブログ形式のレシピは、主婦でも思わず気にせずにはいられない事も多くて、頭が下がります。
本当に皆さん、あれこれ工夫し、栄養のバランスや節約などを考えた食生活を勤しんでおられる事がよく分かりますもんねぇ!!
しかも、中には、どこかの会社の食堂じゃありませんが、毎日食べるに困らないように、1ヶ月分のレシピを掲載してくれているサイトも多数あって、何を作ればいいのか分からないとか、こんな物を作ってみたいけど、調理法が分からないという方は、いくらでも一人で勉強出来るでしょう。

ただ、だからと言って、見つけたレシピに手当たり次第にチャレンジするというのは、あまり感心出来る事ではありません。
確かに、一品一品にはいろいろな工夫が凝らされていて、時間やお金の節約になったり、栄養バランスがいいのですが、それらを適当に組み合わせていては、逆に高く付いたり、手間暇が掛かったり、栄養過多に陥ったりしてしまいます。
ですので、そこはやはり、材料と時間を極力無駄にしないように、賢いレシピの組み合わせによる献立を作る事が重要になって来るでしょう。

例えば、1人暮らしで玉ねぎを丸ごと一個食べ切るのは、案外大変な事!
取り敢えず全部スライスしたところで、お皿一杯の玉ねぎサラダが出来上がり、ビックリされる方も多いのではないかと思われます。
そうなると、適量の3分の1は取り敢えず薄く切って水にさらし、ポン酢か醤油を掛けて食べればいい訳ですが、残り3分の2を上手に使いたいところです。
という事で、豚肉とサラダオイルで炒め、塩コショウで味付けして、メインのおかず&副菜があっと言う間に出来上がり!
と行きましょうか!?
無論、メインが豚肉のオニオンソテー、副菜がオニオンサラダですよ。

さらに、大きな玉ねぎなら、ソテーのところから、端くれをちょこっと拝借し、コンソメを溶かした鍋で冷凍のむきエビと煮込み、卵を流せば、栄養満点のスープも作れます。
こうなれば、メインがあって、副菜があって、吸い物もあるという立派な定食!
しかも、肉と魚介に卵と野菜がしっかり取れる訳です。

時間的にも、最初に玉ねぎをスライスして、水にさらしながらスープを作り、最後に炒め物に入る事により、ほぼ同時に仕上がりますし、二口ガスコンロなら、問題なく平行してこなせる作業ですね。
いかがですか、玉ねぎ一つでここまで出来るんです。
逆に言えば、ここまで考えてこそ、1人暮らしのレシピの価値が出るというものでしょう。

ピックアップ記事

pixta_3371154_M

2016.1.5

新居探しのベストは1月、正しく今です!

2016年も、早、松が明けようとしています。今年からは社会人1年生とか、大学1年生という事で、新生活に向けての夢と希望に満ちあふれた年始めの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る