2層(3層)キルトについて

羽毛布団は、使われている羽毛の産地だけでなく、キルトの方法によっても、暖かさや価格が変わると言われています。

羽毛布団のキルトの中でも、特に保温性が高い2層(3層)キルトは、一般的な立体キルトに比べると、保温性が高く、価格も上がると言えるでしょう。

2層(3層)キルトは、その名の通り、キルト部分が2層式、または3層式になっている物で、羽毛布団自体も、かなり厚みがあるため、冬場でも1枚で十分暖かい羽毛布団だと言われています。

また、キルトを2層にする事で、羽毛の偏りが無くなるため、羽毛布団の中で空気の層が増し、身体の体温だけでも十分温まると言われているのです。

もちろん、立体キルトに比べると、2層(3層)キルトの価格は、1、5倍?2倍ほどの違いがあります。

その為、2層(3層)キルトは、あまり気軽に購入出来る羽毛布団の種類では有りませんが、せっかく暖かい羽毛布団を購入するなら、安くて質の悪い物よりも、高くても良いものを使いたいと感じる方も多いそうです。

2層式にする事で、羽毛布団の耐久性も増す為、高くても長く良く使える商品だと言えるでしょう。

ピックアップ記事

315181

2016.4.19

住むならここ! 震度5以上の地震の少ない都道府県はどこ?

同じ住むなら、やっぱり地震の少ないところがいい! 先週発生した熊本地震を見て、改めて、そう思われた方は少なくない事でしょう。 されど、地震…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る