1981年に新しい耐震基準施行

地震の予知はできるのか?
後付け的にはわかっているようです。
ただし実際に、いつどこでどの程度の地震が来るか?
わかりません。

であれば?
逆に非常用品を揃えておく!
避難場所をチェックしておく!
家族との連絡方法を確認しておく!
もっと大切なこととして?
住宅の耐震基準を満たしているか?
調べておきましょう。

耐震基準に達していない住宅だとすれば?
早々に逃げ出した方が良い?
少なくとも頑丈なテーブルを用意しておく!

そもそも住宅の耐震基準とは誰が決めるものなのか?
そして耐震基準を超えた住宅なら本当に安全なのか?
地震が未知であるように、耐震基準に関しても目安と考えた方が賢明でしょう。

日本は地震列島とも称され、世界的にも珍しい地域に位置しています。
そのため身体に感じない地震は毎日のように発生している!
有感地震も稀ではない?
したがって地震のたびごとに家の周りを見てみましょう。
小さなひび割れも?
何かのきっかけで大きくなる?
可能性は否めません。

ちなみに新しい耐震基準が1981年に施行されました。
それ以降に建てられた住宅はとりあえず安心?
それでも以後阪神大震災や中越地震、東日本大震災などの大地震があります。
それに耐えられましたか。

ピックアップ記事

DIY

2015.12.17

DIYで気を付けるべき3つのポイント

電動工具メーカー「ブラック・アンド・デッカー」が12月9日に発表したデータによると、およそ3年前に行った調査に比べて女性のDIY実践層が14…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る