RC工法について

耐久性と軽量化の両立を図る目的から軽量鉄骨が注目されていますが、軽量鉄骨を利用した工法にもいくつかの種類があります。
中でもRC工法、つまり鉄筋コンクリート(ReinforcedConcrete)を組み合わせた建築方法は、頑丈な建物を作る上で多くのメリットがあります。
例えば鉄筋は引っ張る力に強い一方でコンクリートは圧縮に強いので、異なる力に耐えられることです。
またコンクリートは耐火性や防水性に優れるため、RC工法を組み合わせると軽量鉄骨が熱で融けたり錆びて朽ちるリスクを軽減できます。
さらにRC工法により防音性を確保できるので、軽量鉄骨を骨組みにしたRC工法を用いることにより、一般住宅のみならず様々な建物用途に対応できるようになります。
ちなみに軽量鉄骨を問わず鉄骨を利用したRC工法で作られた建物をSRC造と称することがあります。
これは鉄を意味するSteelからSteel Reinforced Concrete(鉄骨鉄筋コンクリート)の略です。
SRC造の建物は全体的に重く基礎工事をしっかりする必要があり、工期が長く、コスト高になるという欠点はありますが、耐震性や堅牢性に優れることから高層建築において重用される工法のひとつです。

ピックアップ記事

ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s

2016.5.4

GWは家でゴロゴロしながら家の事を考えよう!

ゴールデンウィークも残り少なくなり、相も変わらず家でゴロゴロ! こんな事でいいのだろうか?っとお思いの方もおられるかと思いますが、それでいい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る