ウォシュレットについて

imasia_954129_M

人間は一度その利便性を知ってしまうと後戻りできないものです。
携帯電話はその最たるものでしょうが、住宅設備に関してはウォシュレットも不可欠になりつつあります。
ちなみにウォシュレットはTOTOの商品名であり、一般的には温水洗浄便座と呼ばれ、シャワートイレなどと称するメーカーもあります。
もちろんこれから新築するのであれば、ウォシュレットは必須の住宅設備のひとつになるでしょうが、単にウォシュレットといってもバリエーションが豊富なので、今の予算に応じて検討するか?将来性を見込んで投資するか?難しい選択ではあります。
昨今では公衆トイレなどでもウォシュレットを含めた温水洗浄便座が普及しているので、今後の日本はウォシュレットが住宅設備においても当たり前!になるかもしれませんが、ウォシュレットにお尻が慣れてしまうと、肛門の機能が低下する、痔になりやすくなる?などの問題点も指摘されているので、水勢や水温は程々にしておくことをお奨めします。
時にトイレは住宅設備の中では後回しにされがちですが、トイレの快適性がその家の居住性を左右すると言っても過言ではないので、住宅設備を考える場合には逆に優先項目としたいものです。

ピックアップ記事

DIY

2015.12.17

DIYで気を付けるべき3つのポイント

電動工具メーカー「ブラック・アンド・デッカー」が12月9日に発表したデータによると、およそ3年前に行った調査に比べて女性のDIY実践層が14…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る