エアコンについて

今の世の中、北海道の極一部を除けば住宅設備としてのエアコンは必須のものと言えるようです。
最低生活をすべきとされている生活保護受給者であっても、エアコンは必要!と認められています。
言い換えると住宅設備にエアコンを有していない家庭であれば、貧困者の範疇に組み入れられてしまうかもしれません。
すなわちこれから新築する家ならば、外せない住宅設備はエアコンであり、各部屋に設置することが、快適以前にまともな生活をする上では不可欠なようです。
一方で昨今における節電志向の強まりにより、消費電力を抑えることができるエアコンが増えてきたり、扇風機と組み合わせることにより体感温度を下げる工夫が提案されています。
さらに住宅設備である壁や屋根の材質に拘ることにより、夏は室温を上げない、冬は逆に下げないようにできるので、比較的小規模のエアコンでも有効利用が可能になるようです。
ちなみにエアコンには住宅設備用と家電用の2種類がある?と考えられていますが、物自体は同じであり、工務店を経由して取り付けるのが住宅設備用、そして家電量販店などで居住者が別途購入するのが家電用です。
ただし値段は異なることが多いので難しい判断です。

ピックアップ記事

pixta_7026502_M

2016.2.19

今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!

以前金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!で書いた金利マイナスの時代が、ついに始動しました。となると、いよいよ住宅ローンを組…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る