オール電化住宅設備で自給

pixta_6536777_M

2011年3月に起きた東日本大震災、引き続く原発事故!これらを経験した人であれば、オール電化住宅設備の脆さ?を実感したでしょう。
それまで電気は無尽蔵にあるもの!と感じていたようです。

そもそも海外を見れば、日本ほど電気代の高い国はありません。
これはエネルギー資源をほぼ100%輸入に頼っていることに原因があります。
ではオール電化住宅設備に将来性はないのか?
とはいえ日本人は工夫して困難を乗り越える民族です。
太陽光発電を代表とした代替電力を早急に実用化するでしょう。
逆に自家発電装置が安価かつ小型化すると予測されるので、そうであればオール電化住宅設備であっても自給自足!恐れることはありません。
なおオール電化住宅設備にすると調理時の熱が弱い!との指摘があるようですが、この点は鍋などを代えることで解決できるでしょう。
災害があればガスを含めてインフラは一時的に途絶えます。
それでも自家発電装置を利用したオール電化住宅設備を揃えれば、とりあえず家族で落ち着けるでしょう。

もちろん資産管理と同様にエネルギーをひとつに依存するのは問題であり、危険分散が原則ですが、未来におけるオール電化住宅設備の進化に期待したいものです。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る