シャッターについて

imasia_12056822_M

車庫や物置の扉、そして昨今では雨戸の代わりにシャッターを使うケースが増えています。
シャッターは住宅設備の中でも防犯に関わる部分なので、頑丈で壊れにくく、かつ扱いやすいことが求められます。
最近は電動式のタイプも登場しているので、高齢者や女性でも簡単に操作でき、住宅設備にも違和感のない、有用な部材として定着しつつあります。
ちなみにシャッターの難点を挙げれば、金属製品なので音がうるさい!ことが指摘されています。
そのためご近所付き合いには気を付けたいものです。
特に巻き込み式のシャッターであれば適宜メンテナンスをしてスムーズな開閉を心掛けましょう。
一方で完全に密閉されたシャッター以外にも、お店のショーウインドウなどで見られるように、格子状のシャッターもあります。
採光の観点からすれば効果的な住宅設備になるかもしれません。
なお余程の大邸宅ではない限り?住宅設備に防火シャッターは不要でしょうが、学校や事務所などでは不可欠な存在です。
時にシャッターは金属むき出しで無機的?殺風景!と考えられ、壁とは異なり絵を描きたくなりますが、落書きの対象になりやすいので、周辺の環境を考慮しつつ住宅設備を選ぶ必要がありそうです。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る