デザイナーに住宅設備を頼む

pixta_19334230_M

我が家の住宅設備をどうするか?
市販品では何か合わない?
ならばデザイナーに住宅設備を頼むのも一法です。
とはいえデザイナーに一から頼むと高額になるので、家を建てる際の設計時、インテリアデザイナーに同席してもらうと良いでしょう。

例えば壁紙や備え付けの家具などに統一感を持たせる!
デザイナーの見地から落ち着いたパターンを選んでもらうのがベストです。
もちろん住人の要望を十分に盛り込んで、子どもがいる間は明るめの住宅設備を、老夫婦になればトーンダウンさせる!なども考えられます。

なお住宅設備は生活の一部なのでデザインも当然重要ですが、機能性も大切です。
日々の暮らしで違和感を覚える?
住宅設備がフィットしていない可能性があります。
その場合には新たにデザイナーと相談してみましょう。
小さなリフォームも有効です。

ちなみにデザイナーといっても様々あり、空間デザイナーであれば限られた室内のスペースを如何に有効利用できるかイメージしてくれます。
一方で家具デザイナーという職業、庭関係であればガーデンデザイナーもいます。
明かりに拘りたければ照明デザイナーが知られているので、予算の許す範囲で住宅設備を整え、心地よい住家にしましょう。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る