ベタ基礎と布基礎の違い

imasia_7277988_M

ベタ基礎と布基礎には違いが有ります。
ベタ基礎、布基礎は共に住宅を建てる時の基本です。
住宅の基礎と言うのは建物の基本であり、耐久性能に大きく影響を及ぼしてしまいます。
基礎がしっかりとしていないと、建物の耐久性能が低下してしまったり、地震に弱いお家になってしまいます。
日本は地震が良く起きる国だからこそ、住宅の基礎であるベタ基礎と布基礎について知っておくことが大事です。

耐久性能、耐震性能の観点から見ていきますとベタ基礎の方が優れています。
昔はベタ基礎ではなく、布基礎が主流となっていましたが大きな地震を気にその流れは変わります。
その大きな地震と言うのは「阪神淡路大震災」です。
この地震がきっかけで、布基礎よりもベタ基礎の方が優れていることが分かりました。

ベタ基礎は軟弱な土地でもお家を作ることが出来ます。
もちろん、どのような軟弱な土地でもベタ基礎でお家を作ることが出来る!と言うわけではありません。
一定の条件をクリアする事が出来れば、軟弱な土地でもベタ基礎でお家を建てれます。

布基礎も決して優れていないと言うわけではありませんが、お家の耐久性や耐震性を考えてお家を作っていくと言うのであればベタ基礎の方が安全です。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る