ワンルームは住宅設備を工夫

pixta_5966952_M

独り住まいであれば、ワンルームマンションが気軽です。
つまり1DKもしくは1LDKなら掃除も簡単でしょう。
とはいえ同じワンルームでも、住宅設備如何で広くも狭くも感じます。

例えば玄関です。
おしゃれを気にする人は下駄箱が大きいと重宝しますが、程度を超えると邪魔なものです。
逆にしまい方を工夫する。
着脱式、組み立て式の住宅設備を応用すると、おしゃれ度がアップしそうです。
一方で増えてしまう傘?
濡れた傘は玄関に置くでしょうが、余分な傘は押入れなどに収納しましょう。

ちなみに賃貸のワンルームなら、住宅設備としてエアコンやガス台が据え付けられているでしょう。
ただし部屋が汚れるから石油ストーブ厳禁!などの決まりがあるので、事前に住宅設備の許容範囲について調べておきましょう。
引越し時によけいな費用がかかると困ります。

なお長く同じ家にいれば荷物が自ずと溜まってくるものです。
ワンルームなら場所が限られますが、押入れ内はボックスやツッパリ棒を利用すると、すっきりするのみならず衣替えや出し入れが便利です。

意外に見落としがちなワンルームの住宅設備はベランダです。
洗濯物や布団は干せるか?
セキュリティの問題なども併せて検討しましょう。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る