予算次第で満足

家は一生一度の大切な買い物です。
そうであれば失敗のないように造りたいものです。
とはいえ建築に関することは素人にわからず、ついつい業者の言うなり?もっとこうすれば!よくある話です。
もちろん予算次第でどうとでもなるのでしょうが、限られた予算で限りなく満足できる住宅設備を整えたいのが人情です。

なお住宅設備とは、工務店毎に様々な定義はあるでしょうが、原則として、建物の骨組み以外!付属設備を指す総称です。
細かくみれば家具を住宅設備に含めるケースもありますが、備え付けの照明は住宅設備だし、窓や床、ドアなどが典型的な住宅設備です。

ちなみに好みのデザインで住宅設備を揃えよう!と考えますが、その際には複数社の業者と相談して見積もりをもらいましょう。
馴染みの店?であっても相場を知ることが重要です。

ここで予算次第!ネガティブに聞こえますし、予算次第ですが?と業者側から半ば誘惑、半ば脅し?の言葉があるでしょう。
しかしそこは粘りを見せて、予算次第でこれだけ頑張ってくれ!と業者側を説得するくらいの夢を語りたいものです。
ただし値切りすぎると杜撰な工事になりがちなので、予算次第であっても、信頼感を安く見積もってはいけません。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る