同居人と住宅設備で共通認識

pixta_16076957_M

賃貸物件の場合、原則として契約時に、何人が住むのか?
決めておくものです。
例えば学生がアパートを借りる際、初めは当人のみが住む予定だったけど彼女と同棲する?
いわゆる同居人です。
このケースは、厳密に言うなら契約違反なので注意しましょう。

とはいえ同居人がいると家具などの住宅設備が増えるものです。
また異性が同居人になれば雰囲気が変ります。
基本的にどちらが同居人となっても、女性が好む住宅設備にした方が、お互いに落ち着く?
パターンが多いようです。
一方で揉める原因も住宅設備にありがちです。

なお一緒に住み始めると、すべてを隠し通すことはできないので、相手の欠点が見えてきます。
この時点で不快感を覚えるなら、同居人を追い出す?
そもそも別れた方が無難です。
結婚は勢い!
これも事実ですが、恋愛関係は長続きせず、同居人が空気のような存在?
悪い意味ではなく、違和感がない状況が無意識で保たれるか?
今後同居人から世帯員にランクアップ?する上での分岐点です。
そんな気分を和ましてくれる住宅設備を仲良く選びましょう。
住宅設備で共通認識が得られる?
すなわちフィーリングが合えば、楽しい生活?
小さな同居人が加わることも稀ではありません。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る