和室と洋室に共通の住宅設備

imasia_2352972_M

ワンルームタイプの賃貸住宅では、アパートは畳敷きの和室でマンションはフローリング?こんな住宅設備の定義はないでしょうが、一戸建てであれば、和室と洋室の両方を住宅設備に揃えたいものです。
日本人の生活は洋風化している?
とはいえ畳の和室があれば、何故か落ち着くようです。
イグサの香りに心理的な効果がある?とも言われますが、やはり日本人なら和室です。

なお和室と洋室の割合をどうするか?
建売住宅やマンションなどのチラシを見ると和室は1つだけ?
そんなパターンが多いようです。
イメージ的には和室が高齢者の部屋?仏間!となるのでしょうが、襖の敷居に躓いて怪我をする!そんな事例もあるので、今後は和室と洋室を問わず、住宅設備全体としてバリアフリーを心掛けたいものです。

ちなみに和室と洋室に共通する住宅設備とは?
観光地の旅館などでは和室と洋室を一体化した部屋が多々見られますが、照明器具は笠の部分を取り替えるだけで和室から洋室へ変えることができる便利な住宅設備です。
さらに床の間や仏壇を観音開きのクローゼットに組み込む?
畳を剥がせばフローリングに早代わり!
襖を払ってリビングにつなることができればパーティにも重宝しそうです。

ピックアップ記事

pixta_7026502_M

2016.2.19

今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!

以前金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!で書いた金利マイナスの時代が、ついに始動しました。となると、いよいよ住宅ローンを組…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る