外壁塗り替えについて

マイホームは嬉しいものですが、家を新築した!購入した直後から、住宅設備の劣化が始まっていると考えましょう。
時に空き家の方が住宅設備は傷みやすいと指摘されますが、それでも日々使っていくことにより少しずつ不具合が生じます。
中でも外周りは紫外線や風雨にさらされるので、適宜外壁塗り替えが必要になるようです。
もちろん地域や気象条件にもよりますが、外壁塗り替えのペースとして10年を目安にしたいものです。
なおトラブルが起きやすい住宅設備と聞けば水周りですが、屋根の補修や外壁塗り替えは施工業者毎に差が出やすいとも言われているので、特に外壁塗り替えの場合には専用の会社を選びましょう。
業者同士のつながりがあるので、他の住宅設備と併せて工事します!割引します!と謳うケースもありますが、安易に値段や付き合い?だけで決めてしまうと、外壁塗り替えの作業工程や塗料自体を省かれることにもなりかねないので注意したいものです。
ちなみに外壁塗り替えや簡易な住宅設備の改修を日曜大工の延長?と捉えて自分なりに楽しむこともできますが、信頼できる施工者にお願いして、素人ではわかりにくい住宅設備の破損状況を一通り調べてもらうのも一考です。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る