外講工事の注意点

外溝工事というのは、お家の中を工事するわけではありません。
「外」と付いているように、お家ではなく建物の外側の工事を行うことを指しています。
お家の外側と言っても色々とありますが、門や車庫、塀や柵などが外溝工事に該当します。

外溝工事を行っていくのであれば、自分のお家のスタイルを考えなければいけません。
どのようなお家にしていくのかによって外溝工事にも違いが出てきますので注意すると良いでしょう。

一昔前の日本では、クローズド外溝工事が多く施行されていました。
これは、門や柵などを設けることによって外側からお家を見られないようにする工事です。
この工事を行うことによってプライバシーを守っていくことが出来ますが、見た目的には厳格で親しみやすいお家と言うことはできません。

日本ではなく、ヨーロッパやアメリカなどで行われているのはオープン外溝工事になります。
門や塀などを作っていくのではなく、草木を植えるのがポイントです。
近年では、クローズド外溝工事よりも多く施行されています。

環境に対しても考慮されているお家作りとなっていますので、クローズド外溝工事よりも優れている点が多い!

外溝工事について良く理解してから工事を施行していくのが最大の注意点と言えるでしょう。

ピックアップ記事

pixta_18134120_M

2016.1.12

3つのアンケート調査から分析する部屋探し、さて、1階・3階・5階?

先日、新居探しのベストは1月、正しく今です!というお話をしましたが、まだまだ選択肢豊富で、ゆったり部屋探しが出来るこの時期だからこそ、しっか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る