子供部屋には単純な住宅設備

imasia_11764389_M

家は長く使うものであり、一家の歴史と共に歩んでくれます。
とはいえ家族には様々な変化があり、最も大きく変わるものとして子どもの成長があります。
家を買うタイミングは人それぞれですが、大きな要因には子ども部屋が必要になった!があるようです。

例えば子ども部屋は成長に応じて大きさやレイアウトを変更する?
そして巣立っていけば、そこがポッカリ?空いてしまうもの。
夫婦2人の生活に戻れば、子ども部屋の利用法を新たに考えてリフォームすることもあるでしょう。
そうであれば、はじめから子ども部屋に融通を利かせた住宅設備を整えておくと何かと便利です。
20年の変遷をイメージする?時代や意識も大きく動くかもしれないので難しいでしょうが、楽しみでもあります。

具体的には子どもがいなくなった時のことを考慮して住宅設備の壁を取り外し式にする、逆にアコーディオンカーテンなどの住宅設備を取り付けておくと子どもが増えた際に重宝します。
また子ども部屋の床や壁は傷付きにくく落書きされても消しやすい素材を選んでおくと、心配の種が減るものです。
すなわち子ども部屋の住宅設備に凝るよりも、単純でシンプルな住宅設備にした方が掃除も楽になるし、案外応用範囲が広がります。

ピックアップ記事

315181

2016.4.19

住むならここ! 震度5以上の地震の少ない都道府県はどこ?

同じ住むなら、やっぱり地震の少ないところがいい! 先週発生した熊本地震を見て、改めて、そう思われた方は少なくない事でしょう。 されど、地震…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る