床暖房の有用性と効率性

学校の勉強は社会で役に立たない!と揶揄されますが、物理?というより小学校で理科を正しく学んでいれば、住宅設備における床暖房の有用性、そして効率性が理解できるでしょう。
つまり暖かい空気は上に向かい、冷たい空気は下へ沈む!この原理を知っていれば、床暖房によって下から熱を供給することにより部屋全体が温まる仕組みを作れます。
もちろん既にある住宅で床暖房を取り入れようとすれば、大掛かりな住宅設備の改修になってしまいますが、新築を考えているならば、是非床暖房を計画に組み込むべきです。
北海道を除けば夏の湿度対策を住宅設備の第一選択とすべきでしょうが、案外冬の寒さは人間のみならず住宅の傷みや耐久性にも影響します。
逆に寒冷地であれば、床暖房を住宅設備に採用することで暖房費が割安になる事例が多々見られます。
ちなみに床暖房には電気カーペットなどのように自由に動かせるタイプもありますが、昨今ではガスを使った床暖房も登場しているため、経済的に余裕があるならば、思い切ってリフォームしてみましょう。
仕事をする上でも心休まる住居を確保することが大切であり、精神的に寛げる住宅設備を整えることが生活を豊かにする秘訣です。

ピックアップ記事

b452fe9cfddb900181bd12f23f1ada24_s

2016.5.10

これからは地震保険で一本勝負も・・・!!

熊本では、震災で自宅のダメージが大きかった人のための市営住宅や雇用住宅、そして、仮設住宅の受付と抽選が行われ始めましたが、なんと、その競争率…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る