断熱材の種類

imasia_10281914_M

断熱材というのは、文字通り熱を遮断する力を持っています。
断熱材のお陰で、火が燃え広がっていくのを抑えていくことが出来るのです。
この断熱剤にも色々な種類があり、2000度にまで絶えることが出来るタイプなどもあるのです。
2000度に耐えることが出来る断熱材はお家などでは利用されておらず、基本的には原子炉などで利用されています。

無機繊維系の断熱材には、グラスウールやロックウールがあります。
グラスウールは、高い性能を持っているけれど安いと言う特徴を持っています。
ガラスを繊維状にしているため、安く仕上げることが可能です。
過去には欠点なども挙げられてきましたが、技術が向上して居ますので欠点は無くなりつつあります。

ロックウールは性能の関しては、グラスウールとほとんど変わるとことはありません。
変わるところはないのですが、撥水性が強いのが違います。
使っている素材に違いがありロックウールは、玄武岩を繊維状にして作られています。

断熱材の素材は無機繊維家以外にも、発砲プラスチック系や天然素材などがあります。
断熱材にも色々な種類が有りますので、自分のお家に合っている断熱材を見つけていきましょう。
コストもそれぞれ異なっていますので、コストもチェックするのがポイントです。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る