木造と鉄筋コンクリートの比較

お家を建てるのであれば「木造」「鉄筋コンクリート」で迷う…と言う人が多いと思います。
先ずは木造と鉄筋コンクリートを比較していき決めていくようにしましょう。

耐久性能で比較していきますと、木造よりも鉄筋コンクリートの方が優れています。
鉄筋コンクリートの住宅は、長持ちで丈夫と言う特徴が有ります。
しっかりとお家のメンテナンスを行っていくのであれば、100年以上も住み続けることが可能です。
逆に木造の住宅の場合には、劣化してしまうので100年も住み続けることはできません。
20年や30年という節目には、お家のリフォームを検討する事になるでしょう。

耐火性能という面では、圧倒的に鉄筋コンクリートの方が優れています。
木造住宅は、気で作られていますのでお家が燃えてしまうと全体に燃え移るので被害は大きくなってしまいます。
その点、気を使わずに建てられている鉄筋コンクリートは耐火性能は確実に優れているのです。

耐震性能に関しても、鉄筋コンクリートの方が優れています。
木造の場合には、柱の結合部に負荷がかかってしまいリフォームなどを行って耐震性能を維持しなければいけませんが鉄筋コンクリートは必要ありません。

木造の方が劣っている点は多いように思えるかも知れません。
ですが、木の香りがするお家で心地の良い空間を作ることが出来ます。

ピックアップ記事

315181

2016.4.19

住むならここ! 震度5以上の地震の少ない都道府県はどこ?

同じ住むなら、やっぱり地震の少ないところがいい! 先週発生した熊本地震を見て、改めて、そう思われた方は少なくない事でしょう。 されど、地震…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る