賃貸住宅とは?

pixta_12130684_M

賃貸住宅に住んでいると、いろいろとトラブルがあるものです。
転居してみたら洗濯機の水道が壊れていたり、突然トイレが壊れたり、隣人がうるさかったり、ドアの鍵を換えたい事件が起こったり……すべて私自身の実話なのだけれど、誰の身にも起こりうることですよね。

賃貸住宅に住むのならば、責任の所在を知っておくことが大切です。

例えば、水道やトイレが壊れるといった日常生活を普通に送る上での故障は、大家さん、または管理会社さんの責任。
自分でお金を払う必要はありませんし、業社の手配も自分ではしません。

隣人がうるさいのは隣人が悪いわけですが、自分で直接注意しなくてもかまいません。
これも、大家さんや管理会社さんを通して注意していただくことができます。

ドアの鍵を換えたい場合には、大家さん・管理会社さんに責任がありません。
加えて、自分には現状回復の責任がありますから、勝手に換えてしまうのはNG。
必ず相談して換えなければなりません。

こうして責任の所在を知っていると、賃貸住宅におけるトラブルの多くを回避することができます。
特別な付帯条件がある場合もありますから、きちんと契約前には書面の確認をしておきましょう。

ピックアップ記事

pixta_14213312_M

2016.3.18

金利最安だけでない住宅ローンは今が一番美味しい時期!

これまでから、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「ふらっと35」で夢のマイホームを!とお話しして来た通り、家を買…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る