軽量鉄骨と鉄筋コンクリートの違い

住宅などを作っていくときには、色々な工法が用いられます。
軽量鉄骨や鉄筋コンクリートなどが代表として挙げることが出来るでしょう。
それぞれに特徴が有りますので、違いについて知っておくことも大事なポイントとなってきます。

軽量鉄骨の銅材の厚みが6ミリ以下の物件を指しています。
もしも銅材の厚みが6ミリ以上と言うことになってしまうと、軽量鉄骨ではなくなってしまうのです。
そのような場合には、軽量と呼ばず重量鉄骨と言うことになります。

鉄筋コンクリートは、コンクリートと鉄筋が用いられています。
コンクリートは圧縮、鉄筋は引っ張りの補強と言う形で役割が決められているのです。

軽量鉄骨と鉄筋コンクリートの場合には、どちらの方が耐用年数が長いのか?というのは気になるポイントと言うことになるでしょう。
軽量鉄骨よりも、鉄筋コンクリートの方が耐用年数は長い。
鉄筋コンクリートの耐用年数は、47年と言われています。
軽量鉄骨の場合には、耐用年数は34年です。
鉄筋コンクリートと軽量鉄骨では、13年もの違いが出てきます。

軽量鉄骨よりも鉄筋コンクリートの方が優れている点などは多いですが、自分に合っている工法を選択する事が大事なポイントです。

ピックアップ記事

■意図的に残像を残してあります。

2016.2.29

ウィークリーマンションって得なの?5つのメリット

2月頭に逮捕された清原和博容疑者の話題はまだまだ収まる事を知りません。2月27日、アサ芸プラスでは清原和博容疑者の次に逮捕される「大物」まで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る