都市ガスとプロパンガスの違い

都市ガスとプロパンガスには違いがあります。
都市ガスとプロパンガスの違いについて知っておくと良いでしょう。
都市ガスとプロパンガスというのは、供給方法にも違いがあります。
都市ガスの場合には、道路の下にガスを通る管があるのです。
これを通ってガスメーターを通って、お家に供給されるようになっています。
ガス管があって、そこを通っていると言う形になっているのが都市ガスです。
プロパンガスの場合には、プロパンガスボンベを自宅に付け替えて備蓄すると言う形で利用する事になります。
ガス管というのが、プロパンガスにはないというのが大きな違いであると言えるでしょう。

都市ガスとプロパンガスは料金にも違いがあるという特徴を持っています。
都市ガスの方が、安いと言われています。
都市ガスとプロパンガスは供給方法に違いがありますので、料金にも違いがでてきてしまうのです。
プロパンガスは業者が自由に値段を設定する事が出来るので、都市ガスとは違います。
都市ガスよりも2倍程度料金が高くなるケースもあるのです。
料金は地域によっても違いがありますので、自分の住んでいる地域の料金はどのようになっているのか?というのは自分で調べる必要があります。

ピックアップ記事

家 電卓

2016.4.7

日本の住宅ローンは、なんと、100年以上前からあった!

住宅ローンを組むなら、金利底値の3月を狙え!から始まり、金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!・今こそ「フラット35」で夢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る