IHキッチンを導入する

imasia_8373746_M

2011年3月に起きた東日本大震災によって電気の供給が絶対ではない!と時代が大きく変わりましたが、それでも安全性を考えれば住宅設備としてのIHキッチンは優位性を持つでしょう。
特に高齢者世帯で住宅設備を改善する場合に、IHキッチンを第一選択肢とするケースが増えています。
なおIHキッチンとは、電流が熱を発する、いわゆる誘導加熱(Inducting Heating)の原理を応用した調理器具を備えたキッチンを意味しており、案外知られていないようですが、IHキッチンでは専用の鍋類が不可欠です。
それ故に子どもがいる家庭であっても、火傷の心配が少ない住宅設備と言えるでしょう。
さらにIHキッチンのメリットは、燃焼過程がないので火事になりにくい!この点も住宅設備で重要視されるポイントです。
中には新築を機にIHキッチンを導入する世帯もありますが、水周りを含めて生活と直接関与する住宅設備について、様々な観点から検討することが大切です。
例えばエネルギー資源面は当然ですが、壊れにくい、誰でも簡単に、かつ安心して使えることも優先順位となりそうです。
時にIHキッチンでは加熱にむらが出る?と指摘されますが、これは料理のテクニックによってカバーしましょう。

ピックアップ記事

pixta_14399845_M

2016.2.9

金利マイナスを記録した今こそ、夢のマイホームを・・・!

ついに本日平成28年2月9日、東京債券市場で、長期金利の指標となるべく新規に発行される満期10年の国債の流通利回りが、一時マイナス0.010…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る